皆さんの体験談

なぜ日本人ばかりがカサンドラになるのか⁉️

カサンドラのアメリカ人に会ったことがない

今まで、「さくらさんの周りでアスペルガー症候群の夫を持つ奥さんは、どのように問題に対処していますか?」と聞かれることが多々あり返答に困ることがあった。

ここシリコンバレーは、アスペルガー症候群の人が多いと言われている。IT企業が集まっているの地なので、アスペルガー症候群が多いと言われているエンジニアの方がたくさんいるからだ。でも私の周りの外国人夫婦に、夫がアスペルガー症候群で悩んでいる人がいない…カサンドラ症候群の名を知っている人がいない。

アメリカでは「カサンドラ症候群」という名前はほとんど知られていない状態だ。私が問い合わせた数人の精神科医、心理士でも知らなかったし、周りの奥さん達(旦那さんアスペルガー、夫婦の国籍様々)も聞いたことないと言っていた。

でも夫に困っていないとか、鬱っぽくならないことが知られていないわけではないと思う。日本ほどではないが、アスペルガーのパートナーを持つ人への本(カサンドラとは書かれていない)もある。

ネットでも、発達障害の夫に困っている感じの書き込みは”探せば”出てくるが、英語なので世界の何処の国のなに人が書いているのかまでは分からない。全体的に悩み相談が多いのは分かる。

TwitterやインスタなどのSNSでは、日本のようなカサンドラ側の発言を見たことがない。カサンドラ専用のアカウントも見たことがない。顔出しの発達障害当事者やそのご両親、団体が中心。発達障害への正しい理解や支援ができる環境が学校はもちろん、ネット上に整っている。発達障害について、安心してネット検索できる印象はある。

日本の場合

日本語で検索すると、いとも簡単に凄まじい量の夫婦間の愚痴や暴言がヒットする。子供が育つ家庭環境は大丈夫なのか。

発達障害を見下している目線での人格否定、他人の家庭の問題に自分自身を投影し過ぎているコメントも目立つ。小さな島国の日本でこの量は異常で方向性は問題だと思うが、他者の影響を受けやすく、意見が同じ方向へ流されやすい日本人の特徴でもあろう。特に、今の時代でも発達障害への正しい理解や支援ができる環境が十分に整っていないのも原因である。特に学校に整っていないのは深刻だ。

そして気づく。配偶者が発達障害でなくても、夫婦関係、子育て、不妊治療、義母、ママ友、職場、などなど、存在するカテゴリーで同じような傾向が見られる。ネットの使い方の問題なのか。個人の問題なのか。社会問題なのか。生活の一部分なのか。生活そのものなのか。

共感の意味

ともあれ、悩みや辛い気持ちへの「共感」を求めてSNSやネットを検索した人は、共感を装った他人への人格否定もたくさんウヨウヨしていることに気づくだろう。

ネガティブな気持ちでも共有することは大事だとは思うが、共感らしき行為がなかなか見当たらないのだ。

共感:
「こんなことをされて悲しかったんです…泣」
「それは嫌だったね。辛かったよね」

その他:
「こんなことをされて悲しかったんです…泣」
「そいつマジであり得ない!さっさと別れな!発達障害だからナンタラカンタラ!」

人は肯定されて育てば自分も人もむやみに否定しない。自分が人に寄り添ってもらった経験があれば、自分も自然に人の気持ちに寄り添える大人になると思う。経験がなくても、気をつければ見分けはつくと思うので大丈夫だとは思う。

カサンドラに共感は必要だとかいうけれど、適切な共感が得られる場所というのは誰も教えれくれない。あるの?

私はウツが酷い時は精神科とカウンセリングに行っていた。雑音や刺激もなく、カウンセラーから適切な共感を得ていた。だから回復していったのだとも感じる。

そして、SNSはウツが回復して、夫婦円満になってからやって良かったと強く思う。それだけリスクがある場所だとは思うよ。

幼少期に発達障害と診断されずに生き延びてきた大人たち

日本では、近年やっと発達障害が知られてくるようになった。だから発達障害当事者の大人は、幼少期に適切なケアを受けてこれなかった人は多いだろう。家庭でも学校でもしつけという精神的/身体的暴力があり、みんなと一緒を求められる窮屈な教育。世間一般の普通や他人の基準をクリアして評価される。社会はもっとキツイ。特性が悪い方向へ加速しているかもしれない。それかずっと否定されてきたために極端に自信がない。

人格への影響は大いに考えられるだろう。それが歪な夫婦関係形成に繋がっている。教育や育った環境が絡んでいるので、発達障害だけの問題ではない。教育や家庭環境を振り返るのは、パートナーにも言えること。

我慢してまで夫婦関係を続けない

私の周囲の友達は、夫婦関係で色々あるけれど、夫がアスペルガーだから何かに深刻に悩んでいる、というようなことはないそうだ。私達夫婦のように、アスペルガー症候群の夫が原因でこの世の終わりのような争いはしていない。私のように、死にそうになるくらいのカサンドラの苦しみに陥っていない。

奥さんたちとカサンドラ症候群について話し合ったことは一度もない。夫がアスペルガー症候群であるための悩みも話したことは一度もない。

夫やお子さんの良い面ならたくさん聞いたことがある↓

褒めるアメリカ人、けなす日本人(長所と短所は見方を変えれば同じもの) 心の捉え方でプラスにも変えられる 「うちの夫もア...

アメリカ文化を知ってからなんとなく思うのだが、凄まじい問題がある夫婦は、早期に離婚をしていると思う。だから周りはうまく関係を築いている夫婦が多いのかな。

愚痴を吐いて済む問題なのか

日本では夫婦問題があっても、SNSや友達に愚痴や不満を吐き出すことで、日々をやり過ごそうとしてしまう愚痴文化がある。昔は井戸端会議、今はSNS。昔からの習慣をきちんと受け継いでしまっているのが分かる。問題解決に目を向けてパートナーと話し合うより、他人へ向けて会話をし共感を得て心を紛らわせている。

「普段からパートナーに”言えない”関係だから他人に愚痴る」だと、更に深刻なパートナーシップの問題でもある。言えない理由は、従属する側とされる側の関係性を築いてしまったために、従属する側が相手の反応を気にしすぎて発言に恐怖心を持っていることが多いそうだ。

それを越すと、”言わない”関係になる。仮面夫婦。熟年離婚。

自分の居場所が不満なら、自分の在り方や考え方の癖を改善するか、環境を変えるため自ら行動することが解決策になると思う。しかし、何もしなくて現状維持の選択をしても、愚痴文化が”表面的”に解決してくれる。愚痴文化は耐える文化ととても相性が良い。

日々の会話を諦めて「世間体、子供、家計」のために我慢して夫婦関係を保っている。でもそのやり方を何年も積み重ねることで、最初は本当に些細な不満だったものが、夫婦関係のこじれと共にすでに改善不可能な凄まじい大問題になってしまっているのではないか。それに夫婦関係は親子関係にも繋がっている。

自分のメンタルも重症化していて、すぐに医療的なアプローチをする必要があるかもしれない。「辛いのに、傷つけられているのに、大切にされていないのに、なぜか相手から離れられない理由」も、心のどこかに精神的な原因があるのかもしれない。我慢してやり過ごすという行為は、自分という一番大切な存在まで見えなくする。専門家を頼り、自分自身に目を向けてあげられることが第一ステップだろう。

そのままの自分が好き、家族が大好き、幸せだな。

そんな考えと現実が当たり前の時代は、他人ファーストという古くからの常識が徐々に見直されていくと同時にいつか訪れると思う。SNS上でも。ずっと先の将来かもしれないが、未来の大人のためにもまずは自分がそうでありたい。

他人の不幸に需要がある日本

私は仕事で本の出版に関わることが多い。

本と言えば、アメリカで日本の漫画の知名度はすごい。本屋さんにも日本の漫画コーナーがある。漫画といえば日本。しかし、旦那の愚痴や義母との争い、壮絶な夫婦のバトル、不倫、モラハラ、DV、家族の様々な不幸話のドロドロ漫画に需要があることはあまり知られていない。

他人の不幸に需要がある日本。

「アメリカでは受け入れられないカテゴリーだね」と仕事仲間に言われた。家族を大切にする文化には、ちょっと理解しがたい需要だろう。機能不全家族の話はアメリカにもあるが、ノンフィクションでシリアスに扱われている。それか参考書。記録や事件に基づいた文章。そうであるべきだとは思う。特に精神的/身体的暴力が加わり、泣いている赤ちゃんや不安そうな子供が描かれている場合は。漫画はサラッと知るには手っとり早いが、文章量と情報量が少なすぎるので誤解も招いてしまう。

何処の国も家庭の事情はいろいろあるだろう。しかし、明らかに壊れた、未解決の家庭内の事情が世に出て、共感の需要があるのは興味深い文化である。

日本は世間体を気にして生きなければならないから、普段から他人の行動やよその家庭事情が気になる心理が強いのかもしれない。他人のあれこれが好きなのかもしれない。

自分の意識というのは、住む社会の環境やビジネスにより、無意識に左右されている。もちろん育った家庭環境も。

アスペルガーの夫と幸せになってもいいんだ?

インスタを始めた当初「ポジティブなアカウントにやって出会えました😭」という感激メールが殺到して、本当に驚いた。ネット情報を見て「アスペルガーのパートナーと幸せになりたい気持ちを持っている人すらこの世にいない」と思っていた人が多く、日本とアメリカの発達障害についての捉え方やネット事情にカルチャーショックを受けた。

他者の選択に厳しい社会。自分と違う選択をする人センサーを張っているのだろうか。「アスペルガーのパートナーと幸せになるだと⁉️」

必要なのは、自分自身や自分達だけの夫婦関係を見ること。自分が普段から人と比べてしまったり、他人からの影響を受けやすかったり、みんな一緒の状況に安心してしまうなら、ネットでのカサンドラ情報はマイナスになると思う。

”自分が”夫婦関係を改善したいと思っているのなら。

発達障害の間違ったイメージと誰もが窮屈な生きづらい日本社会、良い方向へ変化していくといいな。

DMが殺到!「やっとポジティブなアカウントに出会えました😭」 ネット事情にカルチャーショックを受けました。 イ...

男性が優位に立つ日本文化

カウンセリングで人種の話になったことがある。

アメリカと言っても人種が様々。宗教の関係で男性が優位に立つ文化の国もある。夫婦関係の形は、夫側の母親の意見に必ず従う国もある。その場合、発達障害への理解も協力的ではないことがあるそうだ。なぜなら自分達のやり方が当たり前の社会だから。祖母に一緒にカウンセリングに来てもらっても「代々受け継がれてきた家訓だから」と理解を拒むこともあるという。

日本含むアジア系も、男性が優位に立つ文化の国が目立つ。日本はモラハラ、パワハラが職場内にある。家庭や学校にもある。宗教はないようである。世間体という厳しい目の宗教がある。

また、男に頼ったり、男につくしたり、結婚する時も男性側が女性を養い幸せにするという形がまだまだある。女は一歩下がって男を立てる、なんて価値観もある。だから女性が自立できない。だから女性の幸せが男性任せになってしまう。

夫婦の形を夫婦で話し合ったのではなく、世間一般の形に沿ってなんとなくそういう流れになったのなら、夫婦関係に亀裂が入った時に女性側が経済的に不利になることがある。

「旦那が、妻には家のことをして欲しいと言ったから私は専業主婦になったのに。今更自立なんて大変…」

でもそれは、旦那の期待や要望に応える選択を”自分自身がした”、という自分の選択になる。

家庭内での夫婦の立場や役割を、きちんと話し合ってから一つ一つ築いて行くことが好ましいと思う。女性の自立は、今後の社会の課題だろう。

日本の教育が心の病を生む

私とアメリカ人の夫は、夫婦関係の改善を行う上で育った家庭環境を振り返る過程は欠かせなかった。しかし私だけカウンセラーに「日本の教育を受けた日本人」に焦点を当てられたことがあった。夫と私、同じアダルトチルドレンでも、夫は育った家庭環境、私は日本人という国民性を知る必要があった。

自分の気持ちはまず二の次で、学校や社会の理想像に従い、子どもの頃から他者欲求を叶える為にプログラム化されてきた。自分自身を疎かにしがちで、他人からの評価で自分の価値が決まる。

教育はその後の生き方に影響するもの。子供はどんな色でも染まってしまう。当たり前だと思っていた自分の受けた教育と、現在の自分の考え方の癖には共通点があるはず。

アダルトチルドレン思考人間を製造する教育 アメリカで私が経験して感じたことを話す。家庭環境に問題がある子供達に関わったことがある。学校、カウンセラー、周囲の機関で把握してサポー...

何年も旦那に従う選択をしていたのは「自分」だった

元カサンドラさん達と話して共通していたことは「何年も辛い思いをしてきて旦那に心をボロボロにされた」と、”最初は”思っていたこと。 でも、カサンドラ克服して気づくことも共通してた。「何年も旦那に従う選択をしていたのは自分だったということ。自己犠牲が辛さを生んでいた」視点が見えたこと。

カサンドラ症候群という状態は存在する。でも、「何年も何年も辛い場所で我慢する」はカサンドラ症候群ではない。それは結婚前から抱えているであろう、自分自身の気質である。カサンドラ症候群になる人とならない人が存在するのは、ここの違いだろう。

カサンドラ症候群を抜け出すのも、カサンドラ症候群というものを癒していくのではない。二次障害として顔を出したカサンドラ症候群の原因を見つけ出して、癒していくことになる。人それぞれ全く違うもの。

「我慢は美徳」「一歩下がって男を立てる」という価値観のもと生きてきたら、心の病になるまで我慢する女性は多いのではないか。そして職場では男性も身を削り残業をしている。みんなが耐えている。その中で育っている未来の大人達がいる。

何年も旦那に従う選択をしていたのは「自分」だった 元カサンドラさん達と話して共通していたことは「何年も辛い思いをしてきて旦那に心をボロボロにされた」と、”最初は”思っていたこと。 でも...

他人への依存心が強い人ほど共感依存に陥る

他人への依存心が強い人ほど「他人が自分を救ってくれる」という思考回路になっていて、他人からの同情や共感に力を注いでしまう。心のあり方は行動に繋がっているので、回復への行動が制止されてしまう。心は一向に満たされない。だから、この苦しみを誰も分かってくれない!のループに陥る。

相手の問題を自分が背負い解決しようとするタイプだと、ますます辛く感じ不満も増える。自分に自信がないと、誰かに共感され続けないと自分の気持ちを肯定できないために、他人の共感を求める続けることになる。

いずれにせよ、自分の苦しみから抜け出せるのは「自分自身」だということが心の片隅にあると状況は少しずつ変わってくるはず。心の扱いは感情的になることがあるので、心の専門家と一緒にすすめるのが適切だろう。

カサンドラに限らず、メンタル回復へ向けて自分の心を動かすのは「自分」であることは変わりない。他人ではなく、自分の存在に価値をおけるようになると心はだんだんと楽になってくると思う。

人は気にしている心の奥底を触れられると、ものすごく反応する

夫婦関係の改善を振り返り、気付かされたことがある。「人は見て見ぬ振りをしてきた心の奥底を突然触れられると、ものすごく反応する」ということ。ものすごい勢いで否定に走る。気にしているから無視していられない。即否定するだけでなく、触れた相手も否定する。

それこそが、自分自身の生きづらさであり、自分自身の向き合う部分である。忘れたい過去、トラウマ、認めたくない自分、プライド、人により様々だろう。このような反応の客観視は、パートナーと夫婦関係の問題を話し合っている時や、自分側の改善点を見つけるために自己分析している時に役立つと思う。

カウンセリングが浸透してきたのはいいけれど…

アメリカはカウンセリングが浸透している文化。だから悩みがあったら心の専門家に早期サポートを受ける習慣は日本よりある。

日本でも徐々に身近になってきていると思うが、カサンドラさん達の声を聞くと、何年も我慢してすでにメンタルが重症化してから行っている人がほとんどだった。夫婦関係だけでなく、親子関係も複雑な状態になっていて家族全体の問題になっている。

それに、カウンセラーに知識や対応の差がありすぎる問題があるそうだ。夫が発達障害だと伝えると「離婚しかないですね」と即決めつけられたり、どちらか一方の味方になったり、どちらか一方のせいにしたり、「〇〇万円で夫婦関係が変わる!」などのパッケージも存在しているそうだ。商売目的が強いと、気に入られるために過剰に寄り添ってきたり、いつまでたってもカウンセリングから”離さない”可能性もある。

心が病んでいると、特に”専門家っぽい人”の声は信じてしまうもの。自分の意見を尊重してくれて、自分のペースで勧めてくれる、相性の良い心理士さんを見つけることはサポートになる。でもまずは、ブレない自分の気持ちを持てるようになることが大事だと思う。自分の人生、自分はどうしたいのか?

カウンセラーを選ぶ時の注意点 野波ツナブログ 参照 今までカウンセリングを提供...

カサンドラを悪化させていたのは「私」

この3つ、日本で育った私は全部心当たりがあるので、カサンドラ症候群という状態を作り出して(これは仕方ないか)、”更に悪化”させていたのは「私」ということになる。日系アメリカ人の心理士さんとのカウンセリングでも触れた部分だ。


1. 自己肯定感が低くなってしまう教育↓

自己主張しない?できない? 昨日、アメリカ人のお友達と日本人の空気読む文化~自己主...

2. コミュニケーションの仕方の問題↓

「海外の聞く文化」と「日本の推測する文化」 YouTube動画を更新しました! https://www.youtube.com/watch?v=R4EQByjNPTY&a...

3. 日本人はほとんどの方がアダルトチルドレンに当てはまってしまう?↓

カサンドラにはアダルトチルドレンが多いのは本当? まずは自分自身の特性を理解する いろんな発達障害...

離婚率も再婚率も高いアメリカの良い点

自己アイデンティティを形成し、自己肯定感を高めるアメリカの教育。だから「私は私」という「自分軸」で生きる人が多いのだと思う。

そういう人たちが大人になって夫婦になった時、「幸せを他人任せにしない」「自分で自分の人生を選ぶ」という姿勢があるからこそ、他人を変えようとせずに、自分らしく幸せに生きようと行動ができるのだと思う。

日本文化にある「耐えることが美徳」という考えもないので、我慢してまで文句を言いながら結婚生活を続けることもないだろう。

だからこそアメリカは離婚率も再婚率も高いのではないか。離婚は悪ではないから。

発達障害について非常に遅れている日本。なのに「カサンドラ症候群」というどの国も使用していないカテゴリーが一人歩きして、解決方法は「夫の特性を学ぶ。受け入れる。相手は変わらないのでナンタラカンタラ〜」とこれまた被害者意識を高めるアドバイスも多い。

自分はどうしたいのか?
自分の心の声を一番に大切にして欲しい。

今だから疑問に思う、野波ツナさんの本 この本からでは知れないカサンドラのこと カサンドラの原因は100%アスペルガーではない両者が生育歴から全体的を視野に入れ自己分析...

POSTED COMMENT

  1. mm says:

    カサンドラ、という言い方をしないだけで、アメリカにもカサンドラ的状況に悩んでいる方はいるのかもしれないです。
     
    ちょっと検索したらこんな論文がでてきて、概要にこんな一文がありました。

    ”Among families rearing children with autism quality of conjugal communication was worse than the one among families with healthy children nevertheless only women declared such a state of affairs. “

    カサンドラ症候群的状況を連想します。ほんの少し検索しただけでこういう論文が出てくるなら、日本でいうところのカサンドラ的状況にいる人は、やはりアメリカにもいるのかも?と思いました。

    アメリカにおけるカサンドラをしらべるなら、カサンドラのキーワードを使わずに調べた方が、それっぽい事例が検索できるかもしれません。