夫婦円満のヒント

「私を困らせるやる気のない夫」ではなく、本当は「困っている夫」だった

夫がニコニコしながら「ずっと溜まってた提出物やっと出した♪」というので「よかったね。何出したん?」と聞くと、「かかった引っ越し費用を会社に提出したから全額戻ってくるよ」と。

それって1年前に引っ越し完了した時に私が口うるさく「今やりなさい!」ってリマインドしたことじゃん‼︎

1年前に‼︎ 笑

「分かった!今やる!」と1年前に自分の部屋に消えていった夫。てっきり完了したと思ってた。

普段からやることリストがぱんぱんで後回しにしまくってる夫。いや、後回ししまくってるからぱんっぱんなの‼︎とりあえず近々まとまったお金が返金される予定なので、得した気分なのは嬉しい。

夫はやることリストを溜め込む傾向があり、私がリマインドすると「今やらないとまた忘れる!」と意気込み部屋に消える。しかし1時間後に様子見にいくとYouTubeみたり読書してる。何も進んでない。だから「私を困らせるやる気のない夫」だと思い悩んでいたけど、本当は「困っている夫」だった。

「僕も困ってるんだ…どうしていいか分からない」と正直に打ち明けてくれたのは、夫婦関係の改善が落ち着いた数年後。それまでは夫婦間に安心感や信頼感がなくて、困っていることを困っていると素直に私に言えなかったそうだ。心をオープンにできなかった。

好きで、やることを後回しにして溜め込んでいるわけではない。やろうと思っていたのに別のことに気を取られてそっちに集中してしまう。そして何をやるべきだったのか忘れてしまう。気づいた頃にはもう寝る時間。後悔。明日やろう。その繰り返し。ひとつの原因はこれだった。

だから大事なことをやる時は、散らかって目移りしてしまう自分の部屋ではなくてリビングの私のいる空間でやるようになった。パソコンのタブもYouTubeやニュースなど不必要なものは消す。やるべきことに集中しやすいように。何時までに終わらせる、と目標も決める。

期限がない曖昧なものは最初に書いたように1年間もの〜びのびになることもあるけど、自分なりに少しずつ進めている。完璧はお互い求めていないから今も色々あるけれど、昔よりは困ることは大分減ったと言う。

なにより私が「本当は困っていた夫」を知り「まだやってないの?呆」と結果だけを見て怒らなくなった。どうすればいいのか?を一緒に考えて少しの工夫で改善されていった。

私だって今まで数々の英文提出物を夫に助けてもらっている。二人だから達成できることがある。自分のレベルで相手を判断しないことは、夫の尊敬する一面。困っていることを素直に言い合えて、助け合える夫婦でありたい。