アメリカでの学び

日本版アスペルガーとカサンドラ

日本は人それぞれの考え方や感じ方の違いまでもが「障害」となり、パートナーと出会う前から抱えている心の病やトラウマ症状までもが全部ひっくるめて「カサンドラ」となっている。

違いをなくす教育とメンタルヘルスへの理解が乏しい社会が合わさった結果、日本版アスペルガーとカサンドラが生まれ、いつの間にかペアで扱われるようになってしまった。

常識やルールあふれる日本文化、男女格差の問題、育った家庭環境で育まれた心、教育で養った思考や行動パターン、それらもあらゆる人間関係に影響を及ぼしている。

それらがすっぽり抜けているメディアや書籍で自己診断すると、いとも簡単にアスペルガーっぽい特性やカサンドラっぽい症状に当てはまる。

何らかの差別化をして全体を視野に入れてのケアが必要。

日本の教育と心理分野が改善されていきますように。

カサンドラの気持ちのケア(吉澤やすのさん) 日本ではカサンドラ症候群を経験している人に寄り添い過ぎてかASDなどのパートナーを批判的に説明する内容や病状についてを事細かに説明した...