アランの気持ち

夫のアスペルガーは悪いヤツだと思っていたけれど、素晴らしい面がたくさんある

夫のアスペルガー特性の内容は幼少期と変わっていない。

でも発達障害を理解されて育っていない。

意味不明の生きづらさや意図しない人間関係の失敗に自己流で対応してきた。家庭環境も悪後押し。

だから大人になった頃にはひねくれた特性に変貌していた。

もともとのアスペルガーは悪いヤツじゃないのに、アダルトチルドレンや愛着障害の分厚い層が特性を覆い、悪い方向へ加速させ、手に負えない強烈な特性だと思われ私に超嫌われていた。

でも過去のトラウマや傷ついた心のケアを始めると分厚い層が剥がれ特性のみが見えてきた。

それを知れたら、夫のアスペルガーは素晴らしい面がたくさんあると感じる。