カリフォルニア生活

爆笑!YouTube動画作成の裏側〜音声編

YouTube動画をアニメーションに変更してから、音声合成ソフトを使うようになりました。

日本語の女性のパートは私が実際に話してる以外、日本語の男性、英語の男性と女性はテキストを自動で読み上げてくれるソフトを利用しています。

本当は日本語の女性のパートも音声合成ソフトに任せたかったのでいろんな女性の声を比べたけれど、どれもロボットが棒読みしているみたいで不自然なので辞めました。

日本語の男性(アランのパート)は、案外自然に聞こえると思います。優しいボイスなところも気に入っています。これ程のクオリティーが機械でできるなんてすごいなあと思います。

ちょっと不満があるとしたら、話す速度が遅すぎ😅の〜んびり話しているので、もうちょっとピッチあげて欲しいな〜とは思います。そして綺麗な発音で話していたと思ったら、たまに思いっきり訛るところが面白い😂アランが片言の日本語を話している感じでそれはそれで好きです。

それとは逆に、英語の女性はテキストの所々にコンマ「,」を入れないと、ダダダダダーと早口に話してしまいます。発音もちょっと微妙なところが多いです。それでもイギリス英語、オーストラリア英語、アメリカ英語の違いがある30人程の声の中から選んで一番良かったものです。

そして、Sakuraを「さきゅ〜ら」と変な読み方をされてしまうので、「Sakoura」と書くことで「さくら」に近い発音で読んでくれるようになりました。Kuを「く」と読んでくれなくてずっと困っていたら、アランが「Kou」と書くといいよ、と即座にアドバイスをしてくれたんです。へー知らなかった🌟

英語の男性は発音も良く、自然に話していると思います。これも、30人程の声から一番綺麗な発音の男性の声を選びました。英語の勉強をしている方はヒヤリングにオススメです!

男女合わせると、60人以上の声をアランと一緒に何度も何度も聞いて選びました。まず基本は、「アスペルガー症候群」と「カサンドラ症候群」をクリアに発音できるかでした。声によっては「アスパーガッ」「アスパガ⤵️」「か〜しゃんどら⤵️」「かーさーんドラ?」になってしまっていました😂

アランと爆笑しながらの声を選ぶ時間は楽しかったです。

以上、動画作成の裏側でした🌝