皆さんの体験談

【Twitterと自助会】カサンドラ同士でカサンドラを悪化させる

この前、インスタでカサンドラ症候群が辛い時期にやって良かったこと悪かったことをアンケートで聞きました。

悪かったことに、

「Twitterと自助会」という回答がダントツで多かったです。(良かったことはカウンセリングがダントツでした)

この回答はこうなるだろうなとは予想してしていました。同じ声を以前からたくさん聞いてきたからです。

サンドラにTwitterが悪影響だった理由

攻撃的でネガティブなツイートに流されて、自らカサンドラ状態になってしまった。

カサンドラ側の承認欲求や優越欲求が強すぎて、カサンドラ以外の問題を抱えている人が多いように感じた。

カサンドラの悩みというか誹謗中傷だらけで繋がりたい人がいなかった。

「アスペルガー=愚痴」が当たり前の場なので、夫の優しさまでも見えなくなってしまった。

「今日の旦那の返事はこうだった、定型ならこう言うはずなのに!」と愚痴っている人たちの発言に共感できなかった。

夫の愚痴はすぐに共感されるが、それにより、自分自身の問題には気づきにくくなってしまった。

アスペルガーの旦那に悩んでいることは共通しているかもしれなけれど、カサンドラの悩みや愚痴には全ては共感できなかった。

Sakura

共感できないのは、やっぱりカサンドラ側の人間にも違いがあるからです。

私がカサンドラを乗り越えるまでやっていたこと

私はカサンドラを乗り越えるまで、SNS(日本語の)を使ったことは一切ありませんでした。本を読んだり、カウンセリングに行くことだけをしていました。

何か言いたことがあったら夫に訴えていました。夫が分かってくれなくても、夫に繰り返し訴えていました。めちゃくちゃストレスでしたが、会話が消滅してしまうのは嫌だったので、そこは頑張りました。

ネットも使っていて、アスペルガーについて調べ物ならしていました。でも必ず英語で検索して、専門家が書いた記事だけをピックアップしていました。これ参考になるなと思ったら、アランと一緒に読みたかったからです。アランは日本語が分からないので。

アメリカはカサンドラ症候群のアカウントがゼロ!?

英語圏はSNSで、カサンドラのアカウントはほぼないです。私は見たことはないです。発達障害当事者のアカウントや、お子さんが発達障害の親御さんのアカウントが中心です。

カサンドラ症候群という言葉も知られていません。アメリカで精神科医や心理士さんとも何人かお話ししてきましたが、誰も「カサンドラ症候群」という言葉は知りませんでした。

カサンドラになった人がいないというわけではなく、アスペルガーの人のパートナーが情緒的交流ができずに鬱っぽくなってしまうことは知られています。

私達はインスタで英語と日本語の両方で、ずっと投稿をしてきたんですけど、英語圏のフォロワーさんはほぼいないです。インスタは、フォロワーがどういう人か集計が見れるのですが、現在6000人中、98%日本人で、95%女性。

日本人に偏ってしまうという結果は、始める前は実は予想をしていなくて、「アスペルガーのパートナーを持つ、いろんな国の人たちと意見交換できるかな」と、期待をしていました。

でも、日本人しか集まりませんでした。まずそこが、日本と他国の違いだと思います。

カサンドラの行動。アメリカと日本の違い

アメリカは夫婦関係で悩んでいたら、自分達の問題を改善する目的で「カウンセリングへ行く」と思います。これが中心に行われていると思います。たぶん日本人は悩みとか不満があったら、適切な人に相談するのではなく、共感してくれる人を探して愚痴るのが習慣になってしまっていると思います。

同じ考えの人を見つけて、集まろうとはしてしまう傾向はありますよね。

私の周りは、夫婦でカップルカウンセリングへ行っている人たちが多いです。アスペルガーカサンドラ夫婦でなくても。夫婦で何か問題があったら、個人でもカウンセリングを利用しています。

SNSを頼らないのも、他の夫婦はどんな問題があるのか、知らない誰かと比べたり、共通点を探したり、そういうことをすることは解決に繋がらないと分かっているのだと思います。

結局は私もすごく思うのですが、向き合うべきところは自分自身であって、夫婦の問題は夫婦ででしか扱えないから。

Sakura

まだ精神的に不安定な時期にSNSをやりすぎると、いろんな言葉に影響されて、自分達の問題から遠ざかってしまうと思います。

同じく夫がASDの友達。なぜか悩んでいない!

私の周りは、アスペルガーの夫に悩んでいません…。アスペルガー症候群が多いと言われているここシリコンバレー、旦那さんがアスペルガーの知り合いはたくさんいます。でもみんな、夫婦関係に悩んでいないんです。多少不満はあるだろうけれど、私達みたいに、泣き叫び合いの大ゲンカや数々の修羅場を潜って離婚危機まで経験はしていないそうです。

旦那さんがアスペルガーのアメリカ人のお友達に「なんで夫にイライラしないの?」と聞いたら「意見が食い違っても、そういう考えもあるのか~って思っているんだ。それより、すっごく優しくて感謝しているんだ~」と言われて、夫が共感してくれないとかわめいている自分がすっごく恥ずかしくなったエピソードがあります。

Sakura

私はアメリカに10年以上住んできて、カサンドラに限らず、旦那さんの愚痴を言ってくる人に出会ったことがありません。旦那さんのこともお子さんのことも、どんなに素晴らしくて誇らしいか、話してくれる人達ならたくさん出会いました!

カサンドラに限っては、苦しんでいる同士で集まるともっと苦しむことになる

日本は、アスペルガーのパートナーで悩んでいたら、まずネット収集をして、他のカサンドラ達と繋がることをする人が多いと思うんです。

そこで、カサンドラ同士で苦しみを共感(?)し合って、エスカレートしてしまい、夫からでは満たされていない承認欲求を補い合ったり、もっとそれが強くなると、全然関係のない誰かをSNSで否定して得る優越欲求をしている人も多く見受けられると思います。依存心が強いと、自分へ目を向けられなくなり他人を求めてしまうのです。

そこに参加はしていないカサンドラでも「見ているだけで嫌な思いをしてしまう」という意見が多かったです。

同じカサンドラのはずなんだけど、「なんか違う?そこまで夫に対して細かい欲求はないな?」と違和感を感じてきたり、日常的に他のカサンドラのネガティブで攻撃的な言葉を目にしていて精神的に疲れてしまう…そういうのがSNSをやって悪影響の主な理由でした。

これはカサンドラに限らずどんな健康な人であっても、常に共感を求められたり、ネガティブな言葉を毎日毎日携帯を開くたびに浴びさせられていたら、精神面に悪影響は出ますよね。絶対に。

私はそういうのは一切見ないし、関わりたくない人がいたらすぐに離れます。

あるカサンドラを乗り越えた方がこんなことを言っていました。

カサンドラの人達が抱えているそれぞれの心の問題や育った家庭環境の背景を知らずに(知れません)、ネット上でカサンドラだと言っているから同じ仲間だと思い込んで関わってしまい、その人達のインナーチャイルドを満たすのに利用されて長い間、共依存関係になってしまっていました。

結婚前から自分自身が抱えていた心の問題、偏りを知る必要のある人達もいると思います↓

カサンドラにはアダルトチルドレンが多いのは本当? そもそも夫は発達障害ではなかった!? 自分の育っ...

カサンドラに自助会が悪影響だった理由

SNSの会えるバージョンなだけでした。

愚痴の言い合いのような会で、嫌な思いをして途中退席しました。

主催者から離婚を勧められて嫌でした。私は夫婦関係の改善をしたいので参加したんです。

夫が変わらないのを主催者のせいにして怒鳴っている人がいて主催者がかわいそうでした。

まるで被害者の会のようでした。私は夫と前向きに頑張っていきたいので、趣旨が合いませんでした。

カサンドラ側の人間にも違いがあるし、参加する目的もそれぞれ人によって違いますよね。

その人たちをみんな、「アスペルガーの夫に苦しむ同じカサンドラ!」として、同じ一室に集めて話を進めるには、無理があると思います。

主催者さんも大変!?

あるカサンドラを乗り越えた方が主催者さんと話したことがありました。

「本当は、夫婦で来て欲しいと思って会を始めたのに、夫が一緒に参加することはまずないので、やっぱり妻だけ集まってきて、夫の愚痴大会になってしまう」と。

主催者さんが当初考えていた方向へはなかなか進めないことに悩んでいたそうです。

Sakura

旦那さんの接し方を勉強する場合は、発達障害関連の勉強会、もしくは心理士のカウンセリングが良いそうです。

このような意見を聞いてきてずっと思ってきたことがあります。

むやみに苦しみを共感して欲しいからといって、はじめましてのカサンドラ同士で集まったり、安易にSNSで共感を得ようとしたりするのは、実はすごく危険で、ストレスになる方が大きんじゃないかな。

共感を得るだけでは改善には繋がらないのは事実なので、悩みがあったら適切な人、中立な立場の人(カウンセリング)に相談することは大切だと思います。

他人の問題までを抱えてしまうより、自分の家庭の問題と自分自身の内面に集中することは大事だと思います。

きっとSNSや自助会を利用して良い影響を受けている人もどこかにいると思うのですが、自分が他人の言葉に影響を受けやすい傾向があるなら、始めからやらない選択も持つことも大切だと思います。

自分のカサンドラ回復のために。

失ってみて分かる大切な人(サトミさん編) 私には2年半弱付き合っていた彼がいました。おそらく彼はアスペルガーだったのではないかなと、さくらさんのYouTubeや投稿を見るたびに...