マンガ

カウンセラーを選ぶ時の注意点

野波ツナブログ 参照

今までカウンセリングを提供する側に、こんなにも日本とアメリカの間に資格制度の違いがあるとは知りませでした。てっきり心理学科を卒業された方やドクターだけが、カウンセリングを行っていると思っていました。

Sakura

ちなみに私の投稿で頻繁に出てくるアメリカの私の「セラピスト」さんは、大学院で心理学の修士号を取得された方です。こちらではセラピスト(Therapist)と呼ばれています。

Alan

僕は現在、心理学の博士号を取得された心理学者(Psychologist)とのカウンセリングを受けています。

カウンセリングで明確なアドバイスはない!なぜなら…

「アドバイスはない」ということですが、私達はカップルセラピーで“アドバイス”はもらったことはあります。でも「具体的なアドバイス」ではありませんでした。例えば「ONとOFFの時間を使い分けてはどうですか?」とアドバイスをされました。でも、そこから本当に実践するか、何時にやるか、いつやるのか、頻度は、どういうことをするのか、継続するのかしないのか、という詳細は全て私達夫婦が決めることでした。

ヒントは出してくれるけれど、それを自分達のものにするのは、自分達でした。

私は「カウンセリング=夫を変えてくれる」と勘違いしていた頃、この同じセラピストに「自分で考えて自分で決めていかないと前へ進みませんよ」とストレートに注意された人でもあります。

人生に関わる大切な相談だからこそ、相手を選んで。

なかなか予約が取れない、料金が高い場合がある、保険が適応されるされない、という意見もありましたが、それはアメリカも同じでした。でも、カウンセリングの習慣や必要性があまり広まっていない日本では、高い料金が更に高く感じてしまうこともあるかなと思います。

予約が取りやすくて安いから、という理由で相談相手を決めるより、資格を持った人の枠が空くのを待って、きちんとしたカウンセリングを受けられる方がいいとは思いました。質を大切に、そして続けること。

あとは親御さん達の「子供の療育や放課後等デイサービスなどで選ぶ時の基準にしたのが、臨床心理士か公認心理師の資格を持った人がいるかどうかです」という意見も多かったです。同じでした。

Sakura

私は、カウンセリングを受けて本当に良かったです。重症だった心の健康が救われました。愛する夫とまた笑顔で人生を歩めるようになりました。日々の中での小さな幸せを感じられるようになりました。

プライスレスだと思っています!

カウンセリングの料金は?

ちなみに私のカウンセリング料金の負担は、保険適用後で1ヶ月、$200くらい(22000円くらい)でした。1回が50分、週1のペースの場合です。1年間通いました。今のアランのカウンセリングはもう少し高いです。心理学者だからかな。保険適用後で1ヶ月、$360くらい(40000円くらい)です。

今回、医療関係で働く方々、発達障害のお子さんを持つ親御さん達、当事者やカサンドラの方々、Cocoroさん、たくさんの方々からご意見を頂きました。ありがとうございます。今回書ききれなかった皆さんからの情報は別の投稿で使わせていただきます。

皆さんへ。
ここで紹介したアカウントの方へ、発達障害に関する個人的な質問、相談等をDMで送るのはご遠慮いただくようお願いします。