夫婦円満のヒント

ありのままの自分でいいんだよ

「ありのままの自分でいいんだよ」という受容は、子どもの個性を認める意味で親子関係では浸透してきているけれど、夫婦関係など対象が大人になると「ありのまま=自己中でやりたい放題」のように他人に迷惑がかかる意味に捉えられてしまうことがあると感じる。

今の大人は幼少期の教育で、自分の感情や意思をありのまま表現したり認められたり、それぞれの個性を育む機会がなかった。その逆、潰されたり否定されることならあった。自分より他人優先。だからありのままの自分が愛されるわけないと思ってしまい、相手にも一定の基準を求めてしまう。

私は夫婦関係の再構築で、この「ありのままの自分を認め、ありのままの夫を認める」という過程がとても大切だった。でも夫は問題言動があった。そんな面を夫のありのままの個性として認められるわけない!って思ったけれど、実はその問題は夫のありのままの面ではなかった。

自分を偽り続けなければいけない環境にいた結果が、問題言動として表れていたことだった。

この問題言動は、自分を守ろうとする防衛機制(ディフェンスメカニズム) だったと、ある日夫から打ち明けられた。無意識の反応のこと。特に目立ったのは「認めたくない事実をなかったことにして心の安定を保つ」こと。夫が夫婦問題を軽視し、話し合いに無関心だった原因の一つもここにあった。

私の場合は、自分の思考パターンの癖や心の病から生み出されていたストレスを、夫を対象に向けて解消しようとしていたこと。発散先を置き換えることで自己を正当化し、防衛機制していた。

どんな自分が良い悪いなどジャッジせずに、どんな自分も受容していく。そして向き合う部分をほぐすと、本当の自分が顔を出す。それって無条件で愛される存在なんだと気づいた。