夫婦円満のヒント

アスペルガーの夫ではなく「夫の中のアスペルガー」を理解する

アスペルガーを初めて知った日から、夫を理解するために発達障害の本を何十冊も読み込んできた。しかし頭に詰め込んだ知識を頭が理解できていても、心が追いつかず夫婦関係の進歩もなかった。一番大切なことを忘れていた。

“アスペルガーの夫”ではなく
“夫の中のアスペルガー」を理解するということ

本の内容を夫に当てはめすぎていた。本を信じていて、せっかく夫が話してくれる気持ちを聞き流していた。発達障害は一人一人全然違う。その通りだった。私だって違いある人間。目の前の夫の中身とそれに感情的に反応する自分の心の理由を知ること。

努力する方向は外したくない。